サン・マイクロシステムズ社が認定する資格

サン・マイクロシステムズ社が認定する資格

これらの技能すべてに一般するのは、許し職制の免許証ではなく、スキルを客観狙いにはかり鑑札としてお示しいただくタイプの技能税制であることです。四海金的にみるとJavaの開発元でもあるサン・マイクロシステムズ社(現オラクル社)が認定する許可証も俗受けがあります。

鑑札をもつことで、特定の言語や技量に対して、ある例外なし標準のスキルを有していることを客観金的に傍証することが可能となり、服務・転職には有利にはたらくものとなります。プログラミングに関する博士は、国家免状から民営の各ベンダーによる免状旧制にいたるまで、多種多様、様々なものがあります。

サーティファイ情報処理能力認定商議員会という民間企業が定める免状で、「Javaに関する基本博識を有し、オブジェクト指向に依るアプレットやアプリケーションプログラムを作成できる能力があることを認定する旧制です。Javaに続き柄するライセンスもいくつかありますが、日東国内で盛名な身分は「Javaプログラミング能力認定学力検査」いわゆる、Javaプログラミング認定です。